スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.05.11 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    岐路

    0






      自分が経験してきた人生の中で、

      何度も直面してきた岐路。



      振り返らず、考えず、

      信じてその路を歩いてきた。





      間違いなんて存在しない。





      色々な出会い、別れを繰り返し、


      今がある。






      そして新たな岐路に立っている。







      なぜ、絵を描くのか。






      色々な犠牲を払い、

      がむしゃらに、ただ描き続ける。





      分かってるよ。


      答えなんて無い。





      一定の時間軸の中で、

      自身の思想は変化し、そして成長する。






      そして、これからも何度も岐路に立つ。









      今回の関西ツアーでは、
      そんなことを考えさせられたトリップだった。










































      クニキ君、ハルカサン、

      Kitchen MuM 6周年おめでとうございます。



      企画してくれたLiving dead ことオジー君、

      Takuji、Kenta君、ヨンス、イイちゃん、コニロー、マッドライス、

      キーウォン、DJ陣、わざわざ駆けつけてくれた仲間、

      沢山のお客様、大阪のマイメンたち、札幌のマイメンたち、




      本当にありがとうございました。














       

      「愛」のある「奴」、全員集合。

      0







        今年の夏が始まる頃、


        トンコリ奏者、OKIさんから連絡があった。





        「ぜひ釧路でライブをやりたい」





        OKIさんの奏でるトンコリの音が、
        釧路に響いた事がなかったのは以外だった。





        電話越しからOKIさんの熱意が伝わってくる。





        自分の都合で、東京個展を控えていた時期の連絡。


        その時は、泣く泣く持ち越しとなってしまい、
        嬉しい気持ちと、申し訳ない気持ちと入り交る。




        しかし、その後数回にわたり、

        「やはり釧路でライブをしたい」という嬉しい連絡が続いた。






        自分は、ただの絵描きであり、

        オーガナイザーでもなければ、
        毎月レギュラーイベントを打っている訳でもない。




        色々な仲間に支えられ、協力して頂き、
        今回釧路初公演を開催するまでの運びとなった。







        原発を始めとした政府への魂の叫び、

        アイヌ民族の様々な問題、


        色々な想いを背負い、それらを音楽というツールを通し、
        トンコリを抱え、世界中に伝え続けているOKIさん。





        初めての地、釧路でのライブはどのような趣旨にするか、

        OKIさんと何度も話し合った。





        昨年、大城美佐子さんとの「北と南 TOUR -弟子屈公演-」を見に行った時、
        嫌な事も全部忘れて、心から楽しんだ記憶が蘇る。



        会場の辻谷商店は愛で溢れ返っていた。



        言葉や文章では伝わらない、
        本当の音楽の力を自分は体現したのだと思う。





        「OKIさん、あのときのように、純粋に音楽で楽しませてほしいです。」





        そう伝えると、


        「オレに任せろ。」という


        心強くもシンプルな返事がOKIさんから帰ってきた。















        愛奴力 -ainu power-


        OKI & SPECIAL BAND

        70人限定釧路初ライブ



        2014年10月5日(日)

        @club GREEN

        北海道釧路市栄町2丁目3 ニューグリンビル 3F
        TEL.0154-25-1050

        開場/18:30  開演/19:00

        前売/2,500円  当日/3,000円


        with:

        KAPIW&APAPPO

        太鼓一家

        mouse the ripper

        Northern Lights Sound Dimension



        Live Paint:

        GENTA TANAKA(KINGRAFIX)




        メールでご予約/clubgreen946@gmail.com



















        OKI

        カラフト・アイヌの伝統弦楽器「トンコリ」の奏者であり、数多くの夏フェス(FUJI ROCK、ライジングサン、朝霧JAM、渚音楽祭など)に出演し、世界各地をツアーする『OKI ダブ・アイヌ・バンド』リーダー、OKIの率いるOKI & SPECIAL BANDが、秋の釧路に初登場。メンバーは、キーボードに元『フィッシュマンズ』、現在は『ダブ・アイヌ・バンド』、『リトルテンポ』のメンバーでもあるジャパニーズ・レジェンド・レゲエ・キーボーディスト、Hakase-Sun。ベースに『レゲレーション・インディペンデンス』、『リクル・マイ・バンド』のKouchie。ドラムスに『キングダム・アフロックス』の田中慶一。サハリン生まれのトンコリがアフリカ、カリブ、日本のリズムとともに渦巻く。どこにも属さないマージナルな存在、OKIのスペシャルバンドは、雷鳴轟く釧路の海に白波をたてるだろう。









        KAPIW&APAPPO

        カピウ&アパッポ。アイヌ語でKAPIW=カモメ、APAPPO=花という意を持つ、阿寒湖畔出身の姉妹ユニット。地元阿寒や祖母から伝承されてきた歌を中心に、民族楽器ムックリやトンコリも交え、アイヌの歌の魅力や文化を伝えるべく活動をしている彼女たちのライブは必聴。




















         

        GARDEN MUSIC FESTIVAL 2014

        0




          9月7日(日)、

          北海道・帯広で行われる
          ジャンルレスで最高な野外パーティーの日。




          今年も沢山の出店と、

          スケートボードランページ。

          ハウスにテクノ、HIP HOPに生バンド。






          ありがたい事に、このパーティーには昨年から出演させて頂いており、
          これが終わると一気に秋がやってくるのだ。












          帯広代表、FANNY、TIZももちろん、
          昨年に引き続きご一緒。








          釧路からは、MAHYA率いるスペシャルバンドが参戦。
          メンバーには、WatermanneやKAZETTA、










          レペゼン釧路!

          素晴らしいライブで、
          会場全体を揺らせていた。




          他にも心強い仲間たちが地元釧路より
          沢山駆けつけてくれた。



          「まだ描かないの?」

          「・・・いや自分のタイミングで。」




          「またサボってるの?」

          「・・・サボってませんよ。」




          「本当に描く気あるの?」

          「・・・バリバリありますが。」





          といった、とても温かいご声援に背中を押され、

          順調に制作が進んで行った。








          日も暮れて、

          今回のスペシャルゲスト、
          北見からDJ FANTA!


          作品もようやく完成し、
          ブースの前で、カラダを揺らす。







          耐えてきた空から、

          大粒の雨が落ち始めた。



          みんなぐしゃぐしゃになりながら、
          踊り狂っていた。









          名曲、「雨上がりの夜空に」で雨も止み、


          なんともドラマティックな展開で幕を閉じた。





          スタッフ関係者、出演者、

          そしてお越し頂いた沢山のお客様、

          本当にありがとうございました!






          また来年、GARDENでお会いできる事を
          心より楽しみにしております。











          今から18年前の1996年9月7日、

          ラスベガスで

          友人のマイクタイソンの試合を観戦後、

          Tupac shakurが、

          4発の銃弾に倒れた。




          R.I.P Tupac Shakur















          ※FBより無断で使用させて頂いた写真もございます。
           提供してくれたフォトグラファーさんありがとうございました。






















           

          LIVE

          0








            今後のLIVE PAINT日程です。







            9月7日(日)

            GARDEN MUSIC FESTIVAL 2014
            @北海道・帯広 JICA西側緑地野外ステージ





            10月5日(日)

            OKI & SPECIAL BAND 
            @北海道・釧路 club GREEN





            10月25日(土)

            kichen MuM anniversary
            @京都府・京都市 Kichen MuM





            11月15日(土)

            詳細未定
            @北海道・苫小牧 club Roots























            GENTA TANAKA -KINGRAFIX-



            北海道・釧路生まれ。3歳から絵を描き始める。

            シルクスクリーンの技術を得るため上京、創形美術学校に入学。
            卒業後、元々交友関係があったHi-STANDARD・難波章浩の呼びかけで、
            沖縄は名護市呉我に移住。
            ULTRA BRAiNのメンバーGENTA BRAiNとして、
            CDジャケットをはじめ、アニメーションPV制作、グッズデザイン等、
            トータルヴィジュアルアートワークを担なう。

            現在は故郷である釧路を拠点とし、
            自身が影響を受けたブラックカルチャーを軸に、
            「絵」というフィルターを通し表現するオリジナルスタイルを貫いている。

            全国各地のクラブイベント、パーティーにて、精力的にライブペイントを行う一方、
            様々なクラブや店舗内へのウォールペイント、オーダーキャンバス作品、
            自身が手がけるアパレルブランド「phatline」のデザインや
            CDジャケット、イベントポスターなど、デザイナーとしても幅広く活動している。


            2010年、RISING SUN ROCK FESに参戦。
            同年、初のソロエキシビション、「BLAX in my head.」を開催。
            2011年、北見DUB CAFEにてジャマイカをテーマにした展示会「TOP A TOP」を開催。
            2012年には、北の重鎮B.I.G JOEが経営するBIG BOY TOYZにて、
            2013年には、飛ぶ鳥を落とす勢いのラッパーNAGAN SERVERが経営する大阪MONO ADAPTERにて、
            さらに、2014年、東京原宿にある Bio ojiyan cafeにて、「BLAX in my head.」を開催。

















             


            Re born

            0







              まずは、先日終了しました、


              GENTA TANAKA exhibition 2014

              BLAX -in my head.- in TOKYO


              これでもかと言わんばかりに照りつけるお天道様、
              猛暑の中、本当に沢山の方々に足を運んで頂き、

              そして、今回も沢山の仲間、関係者、家族に支えられ、
              無事、駆け抜ける事ができました。


              ありがとうございました。






              いつもなら、このブログで

              写真、文面を駆使し、無い脳みそをフル活用し、

              皆様にお伝えする流れなのだが、


              今回の個展を経験して、

              改めて「原画」の意味を知った。




              SNS、インターネットが幅広く世の中に広がり、
              以前自分が住んでいた頃に比べ、数十倍も便利な世の中になった。


              電車に乗れば、8割の人は片手にスマホ。


              個展会場へも、i phoneでググって
              真っすぐに来てくれた人たちも沢山いた。



              恥ずかしながら、オレは未だにPHSで、
              今回も色々な人にご迷惑をおかけした。


              誰かのPCを借りて、Face Book、
              在廊情報やスケジュールをアップはしたのだが・・・。







              その場でしか見れない作品、味わえない空気を



              もっと大切にしようと思った。




              行ってみないと分からない。


              本人に会えるかどうかも分からない。




              自分の感覚だけで、道を聞きながら、寄り道しながら、

              新しい「出会い」や「発見」があるのではないか。



              大都会のど真ん中で、
              田舎者がガラケー片手に、身を以て素直に感じた事だった。





              否定はしないし、ぶっちゃけアイホン欲しいけど笑、

              不便なはずなオレは何故か都会で得した気分になったよ。




              これからも、イベントやライブの模様は
              ブログでアップしようと思う。


              しかし、人と人がもう少し触れ合う瞬間を貴重に感じ、
              大切にしたいとも思った。





              特に、今回の東京個展に伴い、行われたレセプションパーティーや
              個展会場での出来事、様々な人との出会い、タイミングは
              オレの絵描き人生の宝物となった。





              ぜひ、「原画」を

              その目で見て頂きたい。


              スマホやPCの小さなモニターではなく、


              近くの街で個展を開催する時には、

              ぜひ、自分の足で見に来て頂きたい。





              叩き売り、安売りはしないので、悪しからず。







              さて、次のプラン、イベントも固まって来た事だし、

              新たな気持ちで生まれ変わろう。








              今後とも、応援よろしくお願いいたします。


              げんた





























               

              すけじゅーる

              0




                東京個展まで、
                あと5日、


                スケジュールアップします。





                7.25.fri

                Return to the 90's
                CLASSICS

                @VISION shibuya

                [open]23:00 [door]men.3,500yen 1d lady.3,000yen 1d

                GAIA -90's HIP HOP,R&B-

                GUEST LIVE:
                Tina/ 嶋野百恵

                PIC UP DJ:
                DJ REN (Red Bull Thre35style 2014 Japan Champion)

                DJ:
                SOUTHPAW CHOP / K-BOOGIE / YO-GIN
                ICHI / MICARFy / YUYA / SARANRAP

                LIVE:
                SCHOOLZ

                LIVE PAINT:
                GOSPEL FOR TRAMPS
                GENTA TANAKA(KINGRAFIX)

                VJ:
                MKNYone

                DEEP SPACE -90's R&B-

                DJ:
                KENTA(ZZ PRODUCTION) / ITSUKI
                TIGU / JAMO / 3rd CUT

                WHITE BAR -SOUL,FUNK

                GUEST DJ:
                JIN(RYHMESTER)

                DJ:
                KASHI DA HANDSOME / TOMY-NT(N/T/ORIGINAL)
                YUCCI / D.A.I(THINK BIG INC)
                KEN&U☆SEI(MEATERS)
                DIG-IT(MEATERS) / GENKI

                D-LOUNGE -80's〜90's SLOW JAM-

                GUEST DJ:
                D.L. a.k.a. BOBO JAMES

                DJ:
                DDT-TROPICANA / Liu / Suguru
                miho / kimio / denden / kanaoka









                -----------------------------------------------------------------------------------------


                7.26.sat

                SHOW&PROVE
                -GENTA TANAKA EXHIBITION RECEPTION PARTY-

                @中野HEAVY SICK ZERO
                東京都中野区中野5-41-8

                OPEN&START/23:00

                door/2,500円(1d)  wf/2,000円(1d) before 24:00/2,000円


                LIVE:

                B.I.G.JOE

                B.D.

                QURONN-LAB.

                THE SKK

                NAGAN SERVER



                guest DJ:

                DJ SEIJI



                DJ's

                TOMY-NT

                ZKA(GRUNTERZ)

                MASARU

                CHUCK-TEE

                BOZMORI

                D.A.I./悶D

                DJ SEI-SUI

                国立YAHMAN CREW

                Poro Kanto

                DJ YO-HEI a.k.a. PEI


                LIVE PAINT:

                GENTA TANAKA






                -----------------------------------------------------------------------------------------


                場所は変わって、東北青森。

                7月25日より、3日間

                三沢七夕祭り「SK8ART DECK展

                にて、スケートデッキペイント作品を展示させて頂きます。

                自分は東京個展と日程が被ってしまい、
                残念ながら不在ですが、

                沢山のアーティスト作品を
                スケートボードというフィルターを通して、
                感じる事が出来ます。

                ぜひ足をお運び下さい!


                7月25(金曜)〜27(日曜)
                @三沢SKYプラザ2F特設会場
                入場無料!!

                参加アーティスト

                TOKIO AOYAMA(秋田)

                SUBLOW(八戸)

                RIP(盛岡)

                GENTA TANAKA(釧路)

                Gyro`s Works (宮城)

                SHARPNESS(宮城)

                KOZON(宇宙)

                S19er(弘前)

                NAOHIRO YOSHIDA(札幌)

                SATOSHI MIYAUCHI(茨城)

                TKC CREW(宮城)

                Sii(福井)

                HOLHY

                and more












                自分の個展は、

                7月25(金)より、
                8月3日(日)まで、

                原宿dio ojiyan cafeにて開催しております。



                GENTA TANAKA EXHIBITION 2014

                BLAX in my head.

                07.25.fri〜08.03.sun

                @bio ojiyan cafe harajuku

                東京都渋谷区神宮前4-26-28 1F
                平日/11:30〜19:00・土日祝/12:00〜20:00
                TEL.03-3746-5990









                皆様のお越しを心よりお待ちしております。




                東京個展 BLAX -in my head.

                特設webサイト






                GENTA









                 

                FUCK THE DICTATOR.

                0






                  GAIMGRAPHICSというDESIGN CREWの一人、

                  KOSUKE君と出逢ったのは、今年の2月。

                  都知事選の時期に東京でのライブペイント。

                  渋谷の宇田川カフェ別館でマルコムXを描き上げた日、
                  実弟、クリスタルトリス(国立YAHMAN CREW)から
                  紹介された事がきっかけだった。




                  音楽や絵というツールを通じて、オレらはすぐに意気投合し、
                  何か一緒に制作しよう!という流れになった。



                  数日後、早速彼らの基地に招待された。


                  自由な空間に、自由な発想を持つクリエーター達が集っており、
                  デザイン業務を行うスペースの他に、アトリエもある。

                  東京というコンクリートジャングルで何かを作り出すには、最高すぎる程の空間だ。




                  都会の秘密基地で、構想やアイデアを出し合い、夜遅くまで話し合った。







                  震災後、色々と浮き彫りとなり、目の当たりとなった母国の現実。

                  民意が届かず、もどかしく、胸中のむず痒さを

                  「絵」というコンテンツでどう表現できるのだろうと常日頃考えていた。





                  FUCK THE DICTATOR.

                  DICTATOR(独裁者)に対して何も言えない、言わせてもらえないという
                  意味を込めた動画作品を作る流れとなった。


                  バックミュージックは、
                  北海道北見の重鎮、DJ SEI-SUI。




                  時間のある時に、じっくりとご覧いただきたい。



                   








                  LIKE THIS

                  とりあげるフィールドは、身の周りに存在するすべてのもの。
                  ただし、そこに共通するのは、僕たちが共鳴するストーリー。
                  ”LIKE THIS"は、あなたに知らせたい「好きなモノ」を集めたウェブサイトです。









                   

                  東京個展まであと3週間切りました!

                  0



                    東京個展まで、
                    残すところあと3週間となりました。


                    ラストスパートをかけ、
                    全力でキャンバスに向かいます。



                    みなさまのご来場を心よりお待ちしております。














                    GENTA TANAKA EXHIBITION 2014

                    BLAX in my head.

                    07.25.fri〜08.03.sun

                    @bio ojiyan cafe harajuku

                    東京都渋谷区神宮前4-26-28 1F
                    平日/11:30〜19:00・土日祝/12:00〜20:00
                    TEL.03-3746-5990



                    BLAX in my head.  特設webサイト












                    SHOW&PROVE
                    -GENTA TANAKA EXHIBITION RECEPTION PARTY-

                    @中野HEAVY SICK ZERO
                    東京都中野区中野5-41-8

                    OPEN&START/23:00

                    door/2,500円(1d)  wf/2,000円(1d) before 24:00/2,000円


                    LIVE:

                    B.I.G.JOE

                    B.D.

                    QURONN-LAB.

                    THE SKK

                    NAGAN SERVER



                    guest DJ:

                    DJ SEIJI



                    DJ's

                    TOMY-NT

                    ZKA(GRUNTERZ)

                    MASARU

                    CHUCK-TEE

                    BOZMORI

                    D.A.I./悶D

                    DJ SEI-SUI

                    国立YAHMAN CREW

                    Poro Kanto

                    DJ YO-HEI a.k.a. PEI



                    LIVE PAINT:

                    GENTA TANAKA






                    ※個展会場とは場所が異なりますので、ご注意下さい。

















                     

                    HOPE

                    0






                      今まで開催した過去の個展では、
                      「HOPE」というタイトルの作品を必ず制作し、展示してきた。




                      「子供の笑顔」をテーマに、
                      無垢な笑顔がこれからの未来を明るく照らすようにという思いを込めて。





                      その無邪気な表情は、
                      国境や人種は関係ない。





                      忙しい日常の中で麻痺していった純粋な子供のような気持ちを
                      取り戻し、思い出せるように。
















                      今回は、nagi yoshidaさんというフォトグラファーの方にお願いし、
                      写真を提供して頂いた。



                      彼女は、実際にアフリカ大陸に何度も足を運び、
                      彼らと生活を共にし、少数民族などの貴重な日常風景を写真に撮りためている。


                      各地での危険な出来事や、羨ましくなるほどのさまざまな体験を
                      惜しみなくブログに綴っている。



                      Nagi Yoshida ブログ




                      ぜひ彼女の事を知ってほしい。












                      nagi yoshida

                      1986年生まれのフォトグラファー。
                      幼少期からアフリカ人に憧れを抱き、
                      「自分も大きくなったらアフリカ人のような姿になれる」
                      「彼らと一緒に生活が出来る」と信じて生きる。
                      現在はカメラ片手にアフrかの大地で憧れの彼らを追い駆けまわしている。





                      エキシビジョン特設webサイトにも、アーティスト情報を追加いたしました。


                      http://www.kingrafix.com/







                      追記



                      「なぜ黒人の方ばかり描くのですか?」という質問をよく受ける。


                      HIP HOPカルチャーから始まり、JAZZ、SOUL、FUNK、
                      音楽を通じて、人種問題や、歴史、色々な事に興味が湧いてきたのは確かだ。



                      今回制作していく中で気付いた事は、
                      「表情が好き」という実にシンプルな理由だった。



                      後付けの理由はいくらでもできるが、
                      制作する上で、根底にあるものはそういった
                      純粋に描きたいという「衝動」から始まっていたという事。




                      Nagiさんの写真を描かせて頂いて、
                      こんな事に気付かされた。



                      貴重な写真を提供して頂き、
                      ありがとうございました。









                      GENTA TANAKA EXHIBITION 2014

                      BLAX in my head.

                      07.25.fri〜08.03.sun

                      @bio ojiyan cafe harajuku

                      東京都渋谷区神宮前4-26-28 1F

                      平日/11:30〜19:00・土日祝/12:00〜20:00

                      TEL.03-3746-5990




















                       

                      live & life

                      0









                        ライブペイントでの作品は、

                        時間軸が多いに関わっており、
                        描き始めからフィニッシュまでの構成を頭の中でイメージして挑む事が多い。

                        それに加え、ライブならではの様々な影響が作品に反映される。

                        そして、肝心なのは「体力」。

                        ライブでは、数時間立ちっぱなしで、
                        中腰の作業が続く。





                        個展に向けての制作は、

                        どっしりと構え、じっくりと描き上げ、何度も何度も描き直し、
                        それを度重ねて、ようやく一枚が完成する。


                        これは自分との戦い。





                        それぞれ魅力があるが、
                        見る人によってそれぞれの見解があり、好みもある。






                        ぜひどちらも味わって頂き、
                        見比べて頂けると、描いている自分にとっては幸いだ。




















                        東京個展 特設webサイト↓


                        http://www.kingrafix.com/














                         


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << August 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM