スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.05.11 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    REBEL

    0
       
      釧路在住の方や、
      釧路に遊びに来たことのある方は
      一度は見たことがあるかもしれない。

      人目につく作品の中では、
      ずば抜けて大きく、存在感のある作品。

      今から8〜9年位前だろうか、
      大切な友人が地元釧路にバーをオープンすると聞き、
      東京から釧路へ絵を描くために帰ってきた。

      隣接する駐車場に足場を勝手に三段組み、
      日中は車が停まっているため、夜な夜な描き続けた。
      毎日次々と仲間たちが集まって、
      差し入れを持ってきてくれたり、
      色塗りなどを手伝ってくれたりもした。

      横サイズ7〜8m。

      まだ不慣れだったこともあり、
      完成までたしか1週間はかかったと思う。

      この時を機に、
      オレは一生絵を描き続けて行こうと決めたんだ。

      誘ってくれた友人には本当に感謝してもしきれない。

      描いている間、毎日何かに満たされており、
      あの時の感覚や風景は未だに忘れられない。

      毎朝、日が昇る頃、
      友人と二人で足場の一番上に座り、
      釧路の景色に溶け込んだ。

      もうお店はなくなってしまったが、
      あの絵、そしてあの時の感動は
      未だあの場所にはある。


      2003.Autumn @Suehiro kushiro City

      若いな、オレ・・・。



      スポンサーサイト

      0
        • 2016.05.11 Wednesday
        • -
        • 10:25
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM